微笑む女性

50代でもハリのある肌をゲット|コラーゲンは基礎化粧品で補充

エイジングのコスメ選び

目を閉じる女性

水分とコラーゲンが減少

50代のお肌は加齢に伴いシワやたるみなどが深刻化しやすくなってきます。シワやたるみは肌細胞の老化や紫外線などのダメージの蓄積の結果、コラーゲンなどが劣化したり、生成する力が弱くなってしまうために起こります。そのため50代ではコラーゲンを強化する対策が必要となってきます。しかしコラーゲンをお肌に塗っても分子量が大きく吸収が悪い成分です。ですからコラーゲンを作り出す線維芽細胞に働きかけるレチノールやビタミンCなどを含む基礎化粧品が理想と考えられます。また水分保持成分は50代になると20代の半分以下に減少します。水分が減少すると乾燥し、紫外線等の外部刺激からお肌を守るバリア機能が弱まりシワなどをさらに深刻な状態にしてしまいます。そのためセラミドやヒアルロン酸など水分保持作用がある成分を含む基礎化粧品を選ぶようにします。

皮脂分泌量や浸透力が低下

50代になると水分だけでなく皮脂の分泌量も急激に減少します。乾燥による水分だけでなく、皮脂不足によってもお肌のバリア機能が低下傾向にあります。ですから皮脂に近いスクワランなどのオイル成分を補える基礎化粧品もお勧めといえます。さらにバリア機能が低下しているときは、ちょっとした刺激にも敏感になりやすくなってしまいます。ですから合成着色料やアルコールなどの刺激物を含まない基礎化粧品がさらによいといえます。また50代は若い頃と比べて有効成分を受け取るお肌の活力が落ちてきます。そのため今までの浸透力だと効果が現れにくくなってしまいます。従ってお肌への浸透がよく、長く作用し続けることも基礎化粧品を選ぶ際の条件といえます。